2017年5月12日金曜日

Legends of Tomorrow シーズン2第10話〜イオバードの謎

ためまくってる『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン2後半、メモりつつ一気見中。
シーズン2・第9話からの続き。


Facebookより

以下、ネタバレあり。

※あくまで自分のための忘備録的に書いたものであり、きっちりまとめたあらすじってわけじゃないです




S2 E10 "The Legion of Doom" Aired on Jan. 31, 2017


エピソードタイトルの「ザ・リージョン・オブ・ドゥーム」というのは「破滅軍団」とでも訳せばいいのか…?ネイトが思いついたマルコム・マーリン、ダミエン・ダーク、イオバード・ソーンの悪役チームの呼び名。

人格が変わってしまったリップが、自分を捕まえた敵2人がお互いにいがみ合い出したとき仲直りさせてしまったのがおもしろかった。

てか、マルコムとダミエンのやり取りがちょっとコミカルで笑える(笑)。アローでは大っキライだったダミエンすらも、なんかアホっぽくてかわいく思えてきたりして(笑)。

さて、リーグオブアサシンの元メンバーであるマルコムとダミエンがタッグを組んだら、無敵にも思えるスピードスター(イオバード)相手でもいい線行って、うまいことすれば相討ちになったりして?と期待してたら、案外あっさり3人は仲直り(?)。

イオバードを追って来たフラッシュの化け物みたいなのを3人で協力して銀行の金庫に閉じ込めることに成功しちゃったのにはガッカリ。あれだけイオバードが怯えてたのに、意外と弱いのねえ、と。

なんで化け物(?)がフラッシュの格好をしてるのかよくわからないけど、イオバードを今度こそ消し去ってくれるかと思ったのになあ。


<以下、『フラッシュ』のネタバレあり>

ちなみに、『フラッシュ』で自分がイオバード(リバース・フラッシュ)の先祖だと知ったエディがシーズン1最終話で自ら命を絶ちましたが、それによってイオバードの存在が消えたはずでは?という謎がこのエピソードで解明されました。




つまり、イオバードは実際には「存在しないはず」で、「時間が固まる(ってヘンな言い方ですが…)」までうっすら存在する幽霊みたいなもの?なんだけど、スピードフォースをかぎつける化け物フラッシュに追いつかれるとほんとうに消えてしまうらしいんだなあ。そのへんわかりにくいけど一応説明はありました。




さて、金庫に入っていたリップの記憶をいじってたイオバード、何をどういじったのか知らないけど、最後は1776年に戻ったリップがジョージ・ワシントンを銃で撃つシーンで終わりΣ(゚∇゚*)!! ひぃ〜!

シーズン2第11〜13話 スピア回収作戦に続く。

Posted on Thursday, May 11, 2017

© copyright 2017 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。