2017年5月13日土曜日

グレイズ・アナトミー シーズン13第23話 あらすじ&感想

シーズン13第17話のあと、まだ18話から22話の感想書いてないんだけども、ゆうべのエピソードがあまりに衝撃だったので、先に23話を書いちゃいます!

なお、20話についてはこちらにちらっと書いてます。
18話〜22話の個別記事もいずれ書きます!

Grey's Anatomy 

S13E23 "True Colors"
Air date: May 11, 2017

Facebookのカバー写真より


今回は…久々にビックリさせられる大事件があったり、かなり大きな出来事が続き、全体的に内容が濃くて非常におもしろかったです。

最近わりとヨソ事しながら見てることが多かったけど、ゆうべはじっくり集中して見ました。

気になってた、宙ぶらりん気味に放置されてたような?ことにも光が当てられましたが、決着がついたわけではないので先が非常に気になる〜!この話がシーズンフィナーレじゃなくてよかったあ(´▽`;)



★以下、重要ネタバレてんこ盛り★





アレックス in L.A.


第9話でジョーの過去を知ったアレックス、ひそかに探偵?を雇ってジョーの夫を探してたらしい。その男、ポール・スタッドラーを探し当てると、ロスまで会いに行きます(えらい唐突だけど、すっごい行動力!)。

アレックスとポールのストーリーラインは病院側の出来事からは独立してて、非常におもしろかったです。

てか、虐待男であるはずのポールを演じるのが "glee" のシュー先生だから笑っちゃった(笑)。



元気そうな顔を見られて嬉しい…というか相手がシュー先生じゃ、とてもじゃないけど「妻を虐待するひどいヤツ」の姿が想像できないよ〜!(´▽`;)

ある意味ドッキドキ、「いったいどうするのアレックス!」的な、緊迫感あふれるシーンのはずなんだけど、ちょっぴりギャグの要素も入っててヤラレました。

というのも、アレックスがポールを目の前に、いろいろ頭の中でシミュレーション(?)というか想像をめぐらせてるのがおもしろいんです。

最初はてっきりホントに起こってることだと思って、アレックスがポールをさんざんぶちのめし、刑務所に入ってしまった時点で「ええええ、アレックスまたかよ…懲りないね…てかこれで完全に医師免許剥奪だね…」とガッカリしちゃいました。

次の瞬間、ハッと我に返るアレックスが映り、想像してただけだと判明。

十分あり得る想像ばかりでハラハラ(笑)しましたが、結局実際には言葉もかけず、タクシーを拾おうとしてポールに横取りされて終わりでした(笑)。

でもジョーの夫の正体をつかんだだけで終わるわけないよね、シュー先生だし(笑)。

今後、どのような展開になっていくんでしょうか…

つーか、こちらも第12話でハグして以来、ふたりの関係に全く触れられて来なかったので、てっきりもうジョーとアレックスは終わったのかと思ってました。アレックスは「この人」と決めたら貫くタイプなんですね(*´▽`*)


オーエンの妹


オーエンの妹であり、リッグスの元婚約者であるメーガンについて、大きな動きがありました。

第8話で手術室のオーエンがメーガンの幻を見たことがありましたね。あのときも実は「死んだっていう確証はないわけだし、メーガン役の人がちゃんとキャスティングされてるし、もしかして死んでなかったりして」とはちらっと思ったんだけど…

なんと、

ほんとうにメーガンは生きていました。

捕虜とされていたのが見つかったというニュースを聞かされたオーエンは、出勤しても上の空。はては「娘の命を助けてくれてありがとう」と抱きついて感謝する患者の母親を突き放してしまいます。

オーエンの様子がおかしいと気づいたアミリアは、話を聞いてしっかりと抱きしめ、家(メレディスの)に連れ帰ります(やっぱオーエンとアミリアは元サヤに戻りそう?)。

「別人の可能性だってある」と不安がるオーエンのため、テディに電話で真偽を確かめ、本人だとわかると「グレイ・スローン記念病院に転院させてほしい」と頼むアミリア。

オーエンは「メーガンが生きて拷問を受けていたこの10年のあいだ、自分は妹を探すのをあきらめて2回も結婚し、全く彼女のことを考えなくなっていた」と号泣してましたが、生きて苦しんでいたという事実がショック過ぎて、生きてたこと自体を喜ぶ余裕がないんでしょうか…。





そこへリッグスを夕食に招いたメレディスが戻って来ますが、メーガンの話を知ると「デレックが生きてたら私なら今すぐ知りたいと思うから」と、リッグスに知らせるため病院にとんぼ返り。

ある意味、「ようやく子どもたちに会わせる決心もした矢先に…」と複雑だろうに、真っ先にリッグスの気持ちを優先するメレディス、えらい!

しかしこのふたり、どうなるんでしょうか。リッグスもオーエンのように自分を責めまくり、メレディスのことも白紙に戻したりするかなあ?


夕食に招いてるところ↑


第14話で行方不明だった娘(患者)が見つかった、という場面に遭遇したリッグスが悩んでるふうだったときも、「もしかして…」という思いが強まりましたが、8話・14話のあと10話近くも放置されていたのが今になって…って、グレイズのクリエーターって気が長いというか、ちゃんとシーズン通して話を練ってるってことですよね。当たり前なのかもしれないけど、すごいな〜。

来週でシーズンフィナーレを迎えますが、メーガンは登場するのかな?


コード・オレンジ


崖からの転落事故で運び込まれた半裸のカップルが、実はカップルなんかではなかったとわかった瞬間、コード・オレンジ発動。すべての入り口がロックダウンされました。



なんと、パンツなし状態で運び込まれた男は下着姿で運び込まれた女性の車内に入り込み、彼女をレイプしようとしていたと言うのです。女性は「レイプされるより死んだ方がマシ」と、自ら車を転落させたのでした。

2人が意識不明の状態のあいだ、ずっと「どんな関係なんだろう」と半分ふざけながら想像をめぐらせていたドクターたちは衝撃を受けますが、意識を取り戻した男に「彼女が気がついたときに一人きりにはしたくない。まず見るのがぼくの顔だったら安心するだろう。お願いだ、助けてくれ」と懇願され、親切心で助けようとしたステファニーが巻き込まれることに…。


レイプ犯とステファニーの悲劇


バレたことを知った男がステファニーを脅しながら逃亡しようとして、冒頭に書いた「久々にビックリさせられる大事件」が起きます。



ロックダウン中の病院から外に出ようとして、必死で天井にある火災報知器に向けて火をかざしていたレイプ犯に、意を決したステファニーが何かのオイルをぶっかけて炎上させたのにも驚いたけど(てっきり床に置きっぱなしのナイフを奪い返しに行ったのだと思った)、燃え上がる犯人が倒れた場所に大きな酸素のタンク(??だよね??)があるのを見たステファニーが近寄って行くのにも驚き。

めちゃくちゃ勇気あるけど、間に合うわけないでしょう〜〜〜!!!ステファニー!!!!!と思った瞬間、大爆発∑( ̄□ ̄;)

あれは助かってないよね…(;_;)

ステファニーの同期の中で、彼女がいちばん好きだった私としてはショックです(→o←)

自分が優秀であることをわかっていて、ちょっぴり自信過剰ぎみなところ(そこ、少しだけクリスティーナっぽい)もあったけど、ジョーにズバズバ文句言ってくれたりして好きだったのに〜。

それにしても、この病院、スタッフ死に過ぎでしょう(´▽`;)

ステファニーが助かったとしてもね。

ドラマチックな展開のためには、いずれドクターみんな殺す気なんでは、と怖くなってきます(苦笑)。



ところで、グレイズのFacebookページに昨日の朝(つまり23話の放映前)"throw back thursday(略して"tbt"。なんでか知らないけど木曜には「過去を振り返ろう」ということで昔の写真をSNSに投稿する人が多い)" として昔のクリップが投稿されてました↓



展開がわかっててもやっぱドキドキするなあ〜。最初見た時も心底ビックリしました。今見ると、メレディスめっちゃ頭打ってませんか?大丈夫だったんだろうか。

ちなみにこれ、シーズン1かと思い込んでたけどシーズン2の第17話の話でした。

それはともかく、今回(23話)の爆発シーン見たとき思い出したのはやっぱこのシーンだったんですよね。メレディスはあの爆発シーンの現場にいたわけだけど、今回もリッグスにメーガンのことを知らせようと病院に戻って来て目撃してしまいます。

シーズン2の爆発がトラウマとしてよみがえって来ないか心配です。ただ、目の前で爆発したのはステファニーと同じ立場なので、万が一ステファニーが生きてたら、メレディスだけは彼女の経験を少しはわかってあげられるかも。病院に犯罪者というシチュエーションはシーズン6で経験済みだしね。

しかし、リッグスの元婚約者が生きてたってだけでもけっこうドラマなのに、爆発まで起こるとは、メレディスの心が休まるときはなさそうですね(-_-;

シーズン13最終話(第24話)に続く。

Posted on Friday, May 12, 2017

グレイズ・アナトミー シーズン12関連記事もくじ
グレイズ・アナトミー シーズン13関連記事もくじ

© copyright 2017 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。