2017年1月26日木曜日

『殺人を無罪にする方法』シーズン2第13話 あらすじと感想

シーズン2第12話からの続き。

How to Get Away With Murder 

S2E13 "Something Bad Happened"

2016年3月3日放送(アメリカ)

Facebookより

"How to Get Away With Murder" シーズン2後半のあらすじと感想を駆け足でメモ中なんですが、第13話のあらすじ記事、ほとんど終わってたのに手違いで削除してしまって(涙)ガックリ。

気を取り直してもう一度最初から書き直したものの、気が抜けてしまったのでかなりはしょってます(´▽`;)




以下、ネタバレ全開ですのでご注意。

※1回見直しただけで書いてるので間違ってる部分もあるかも



ローズの死の真相


ローズの説得に失敗したアナリースは、かつての恋人イーヴを使って取り引き(というかもうほとんど脅迫)しようと画策。

しかし、ローズは取り引きに同意するフリをして逃亡を図ります。

それを知ったウォレス・マホーニー(父親のほう)はアナリースに「息子を守りたかったらわたしの息子を守るように伝えろ」と圧力をかけるのでした。

アナリースはローズを説得しようと再度アパートに向かいますが、ローズはマホーニーが息子に手出しできないようにと、アナリースの目の前で「Take care of my boy.  息子を頼みます」と言って自分ののどにナイフを突き刺してしまいます。

そう、ローズの死の真相は、やはり自殺でした。

救急車を呼ばずにその場を逃げ出してしまったアナリースは、直後に息子(当時は「クリストフ」)が戻って来て苦しみもがく母親を発見するのを見届けます。

それ以来ずっと、クリストフに対して罪悪感と責任を感じ続けてきたのでは…。

そうでなくとも、ローズを自殺に追いつめたのは自分だと自らを責めてもおかしくはない状況だと思います。いちばん悪いのはマホーニーでしょうけどね。

(それにしても、ローズが血だらけで苦しむところがリアルで怖い!アナリースやウェスじゃなくてもトラウマになりそう)


ローレルとフランク


フランクはライラ殺しを告白したあと冷たくなったローレルを引き止めようと必死で、愛しているから告白したんだと言います。しかし、ローレルの心は冷えきってしまったようで「私は愛してない。もう終わりよ」とふってしまうのでした。

その会話をボニーがこっそり盗聴してたのには何か意味があるのかしら?


ウェス


フィリップが殺しに来るかもと怯える学生たちが泊まり込むアナリースの家に、ウェスが訪ねていきますが、アナリースはネイト宅に外泊中で留守でした。

なぜかアナリースのデスクにローレルが持って来た例の「他殺の可能性あり、息子が容疑者」と書かれた紙が置きっぱなしになっていて、ウェスはそれを見つけてしまうΣ(゚∇゚*)!!

(てか、ウェスが来たことにだれも気づかなかったのだろうか)

アパートに戻ったウェスがアナリースにもらったマホーニー裁判の書類を片付けていると、一枚の紙にアナリースの元カノのイーヴの名前を見つけます。


衝撃のラスト


毎回「次が気になってしょうがない」衝撃のラストですが、13話はウェスのアパートに行ったアナリースがフィリップに襲われる(?)ところで終わります。ウェスはイーヴを訪ねにニューヨークに行っていて留守でした。

フィリップはいったいどうやってウェスのアパートに忍び込んだのか???

というところでシーズン2第14話に続く。


Posted on Wednesday, January 25, 2017






<関連記事>
(もくじ、近日中に作る!たぶんシーズン2を観終わったら)
シーズン2第12話のあらすじと感想
シーズン2第11話のあらすじと感想
シーズン2第10話のあらすじと感想
シーズン2第9話ネタバレ感想メモ
シーズン2第8話ネタバレ感想メモ
シーズン2第7話ネタバレ感想メモ
シーズン2第6話ネタバレ感想メモ
シーズン2第5話ネタバレ感想メモ
シーズン2第4話ネタバレ感想メモ
シーズン2第3話ネタバレ感想
シーズン2第2話・またまた衝撃のエンディング
シーズン2第1話・2人めの殺人犯と衝撃のエンディング
シーズン1最終回ネタバレ・ライラ殺しの真犯人
アルフレッド・イーノック

© copyright 2017 – All rights reserved
北米発☆TVづくし
*無断転載を禁じます*

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。