2014年10月20日月曜日

アルフレッド・イーノック

ふたつ前の記事(こちら)に、新ドラマ『How to Get Away with Murder』のウェス役の俳優さんについて書きたい、と書きました。(ドラマについては『2014年秋の新ドラマ』という記事(こちら)で少し触れてます)


ウェスを演じるのは、ドラマでは完ぺきにアメリカなまりで話してるけど実はイギリス人(母親はブラジル人)のアルフレッド・イーノックという人。

顔を見てピンと来る人もいるかも…?
                  ↓↓↓↓↓

     ドラマの公式サイトよりお借りしました。

学生のはずなのにみんな老けてる(笑)なか、彼だけはちゃんと学生に見える!というか十代くらいの若者にしか見えないけど、実際は12月で26才になる立派な大人なんですね。


ドラマが始まる直前のインタビューでイギリス英語を話しているのを見て驚き、調べてみたら、なんと「ハリーポッター」シリーズのほとんどに出演してたことがわかりました。全部見たはずなのに全然覚えてないけど(笑)

それよりも強烈な印象を残してくれたのは今年の年明けに放映された『シャーロック』シリーズ3の第二話『The Sign of Three(三の兆候)』。そう言いつつも感想記事では彼には一言も触れていないんですけど(笑)。



 半裸姿が多かったような…。髪が短いと印象変わりますね。


    あとは制服(軍服?)姿。



 観光客にモノ扱いされる衛兵さん役。
 私もロンドンに行くことがあれば絶対これやると思う(笑)


あっというまに出番が終わってしまうチョイ役のわりに印象に残ってるんですよねぇ…
あの特徴ある帽子の奥で大きく不安げに輝く目がかわいかったからかしら^^


とにかく、このドラマでも彼すごくいい感じ。というか、彼以外のキャラ、ほとんどみんな意地悪かイヤな人かなんかヤバそうな人たちばかりで好きになれない(´▽`;)

そんなわけで、ウェス(アルフレッド)の今後の活躍を期待しています!(*^o^*)

(以上、アメブロ投稿当時の日時で転載)